Hey! Say! JUMPのファンマナーの悪さまとめ!トラブル内容と理由は?誰が原因?

2019年5月19日、ジャニーズ人気アイドルグループHey! Say! JUMPのアリーナツアー見送りが発表されました。

その原因となったのが、「ファンマナーの悪さ」と言われています。

この記事では今話題になっているHey! Say! JUMPのファンマナーの悪さ・トラブル内容をまとめました。

Hey! Say! JUMPファンマナーの悪さでアリーナツアー中止に

2019年5月19日、ジャニーズ事務所が今年のHey! Say! JUMPアリーナツアーの見送りを決定しました。

こちらのモデルプレス記事で内容が明らかになりました。

「先般、ジャニーズネットにおきまして、『公共交通機関の利用マナーに関するお願い』を掲載致しました。この数年メンバーからも直接のお願いをさせて頂いておりましたが、ツアー移動時に一般のお客様に対して多大なご迷惑をお掛けする状況が改善に至らなかったことを踏まえまして、デビュー以来継続して参りましたアリーナ会場でのコンサートを本年は見送らせて頂きます」と発表。

「全国各地での開催を望むメンバーにとりましては苦渋の決断であり、全員が強く来年以降の全国ツアー再開を希望しております」とメンバー達の心境を説明した。

最後に、「メンバー・スタッフ一同、これからもファンの皆様と楽しい時間を過ごし、笑顔になれる瞬間を多く作っていきたいと考え、今後とも全ての皆様に安心して楽しくHey! Say! JUMPを応援して頂ける環境作りに努めて参りたいと思います。皆様のご理解とご協力を何卒よろしくお願い申し上げます」と結んでいる。

モデルプレス2019年5月19日号引用

Hey! Say! JUMPのファンマナーの悪さが原因で、毎年欠かさず行われてきたアリーナツアーが見送りになってしまいました。

SNSではアリーナツアーを待ち望んでいたファンから驚きと悲しみの悲鳴が広がっています。

記事内にツアー移動時に一般のお客様に対して多大なご迷惑をお掛けする状況が改善に至らなかったとありますが、具体的にどんなトラブルがあったのでしょうか。

Hey! Say! JUMPのファンマナーの悪さまとめ!トラブル内容は?

Hey! Say! JUMPのファンマナーの悪さまとめ!トラブル内容と理由は?誰が原因?

Hey! Say! JUMPのファンマナーの悪さがゆえに起こしたトラブルはどんな内容なのでしょうか?

今公になっている内容がこちらです。

  • 交通トラブル
  • コンサート会場での出待ち行為
  • コンサート中のファン同士のトラブル

1つ1つ解説していきます。

交通トラブル

今回のアリーナツアー延期の直接の原因となっているのが「交通トラブル」です。

公式のコメントでツアー移動時に一般のお客様に対して多大なご迷惑をお掛けする状況が改善に至らなかったとあります。

調べてみると、こんな事がコンサート期間中頻発していたみたいなんです。

まとめるとこんな感じです。

  • 駅での出待ち行為
  • メンバーの乗った新幹線に駆け寄る
  • 無断で写真撮影をする
  • 結果新幹線が遅延してしまう

    要は、ファンの行き過ぎた行動で全く関係がない人たちにも迷惑をかけてしまっているということです。

    2018年10月7日に朱鷺メッセ新潟コンベンションセンターで行われたHey!Say!JUMPのコンサート後にメンバーが乗る新幹線で起きたこれらの問題が公になりました。

    この問題はコンサート翌日にめざましテレビでも取り上げられるなど、”ジャニーズファンのマナーの悪さ”が注目されるきっかけにもなってしまったんです。

    この写真も衝撃でした…

    こちらはHey!Say!JUMPの後輩「King & Prince」の一部ファンが起こした問題行動です。

    新幹線の窓に張り付いちゃってますね…。

    迷惑なだけでなく、とても危険な行為です。

    コンサート会場での出待ち行為

    コンサート会場での出待ちも大問題になっています。

    2017年10月10日号の週刊女性にHey!Say!JUMPファンのマナーの悪さが掲載されていました。

    コンサート当日は、入場者だけでなく、チケットを持たずに“音漏れ”を聴くファンまでもが会場を取り囲んでいた。特に正面入り口から外周を左手に回った、関係者出入り口に面した裏通りは行き場もないほどに。この付近に立ち並ぶマンション住人にとって、やはりファンの“騒音”は問題となっていた。

    また、近くには保育園や老人介護施設などがあり、子どもたちや高齢者も散歩の際に利用するのだろう。腰をかけられる憩いの広場もあるのだが、

    「それぞれのグループが陣取って応援なのか、声援を送る練習をしては甲高い声で笑いながらみんなして“ヤバい、めっちゃ、ヤバい”って。歩きスマホでうろうろしたり、平気でゴミをその場に捨てて行ったり、怖くて外に子どもを連れていけませんでしたね」

    コンサート会場での出待ち行為はNGとされています。

    それにも関わらず出待ちをするファンで会場周辺はごったがえし、近隣住民が警察を呼ぶ騒動に発展してしまいました。

    公道をファンが埋めつくし、人や車が通れなくなってしまったみたいです。

    コンサート間のファン同士のトラブル

    …首絞め!!?

     

    コンサートに行かれた方は分かるかと思うんですが、アリーナ席には終盤に銀テープと呼ばれるコンサートグッズが会場中に降ってきますよね。

    Hey! Say! JUMPのファンマナーの悪さま

    銀テープの取り合いになるのはよくある事なんです。

    私も行ったことがあるので分かります。

    Hey!Say!JUMPコンサート中に銀テープの奪い合いでごった返し、ファンの1人の方が銀テープで首を絞められてしまうというトラブルが発生したようなんです。

    怖すぎます!!絶対だめ!!

    それ以外にもコンサート中に動画・写真撮影禁止にも関わらず撮影をしまくっていたり…

    無法地帯だったようですね。

    Hey! Say! JUMPのファンマナーの悪さまとめ!理由は?誰が原因?

    Hey! Say! JUMPファンの間でファンマナーの悪さが取りざたされている理由。

    それは「マナー違反をする」という行為があたりまえの事になってしまっていたからかと思います。

    もちろん好きなアイドルに接触したい、一目見たい、写真を撮りたい…その気持ちはとても良く分かります。

    ただ、それらの行為はジャニーズ事務所が禁止としている事ばかりなんです。

    ”みんながやっているからいい”という気持ちがHey! Say! JUMPファンの間に徐々に広がっていって、それが当たり前のことになり取り返しのつかない事態に発展してしまったのかなと。

    Hey! Say! JUMPメンバーは今までも再三注意喚起をしていたといいます。

    ジャニーズ公式サイトでもメンバーの八乙女光さんがこんなコメントを出されています。

    Hey! Say! JUMPのファンマナーの悪さまとめ!トラブル内容と理由は?誰が原因?

    今回アリーナツアー見送りになってしまった原因は、間違いなくマナー違反をしてしまったファンにあります。

    現にTwitterでは2019年5月19日現在、「ファンのせい」というワードがトレンド入りしています。

    Hey! Say! JUMPのファンマナーの悪さまとめ!トラブル内容と理由は?誰が原因?

    こんなこと自分のファンに言いたくなかったと思います。

    それを言わせてしまった、そしてそれでも改善がみられなかったのでアリーナツアーが見送られてしまった。

    一部のファンによる行き過ぎた行動が招いた結果です。

    Hey! Say! JUMPのファンマナーの悪さまとめ

    今回のアリーナツアーの見送りは、ファンだけでなくメンバーにとっても悲しい出来事になってしまいました。

    どんな場面でもマナーを守って行動するという事はとても大切です。

    ファンであればHey! Say! JUMPに迷惑をかけないように、ファンもメンバーの気持ちに立って行動することが大切だと思います。

    見送りとの事なので、また事態が収束すれば開催される可能性もあります。

    今一度ファンの在り方を考える必要がありそうです。

    ■関連記事