木津いぶき父親の犯行動機は何?和菓子屋の経営難で借金苦?

2019年7月7日、木津いぶきさんが和菓子店の冷蔵庫の中で亡くなっている事が発覚しました。

そして2019年7月7日の11時ごろ、木津いぶきさんの父親もさいたま市内の別の場所でなくなっている事が分かりました。

この記事では

  • 木津いぶきさんが和菓子店の冷蔵庫の中に
  • 木津いぶきの父親が犯人?
  • 木津いぶき父親の犯行動機は何?経営難で借金苦?
  • 木津いぶき父親の犯行動機に関する世間の声

など木津いぶきさんの父親の動機に関する情報をまとめました。

木津いぶきさんが和菓子店の冷蔵庫の中に

2019年7月7日、木津いぶきさんが和菓子店の冷蔵庫の中で亡くなっている事が発覚しました。

こちらが今回の事件の内容です。

7日未明、東京・荒川区で和菓子店の冷蔵庫から18歳の

女子大学生の遺体が発見されました。

午前0時50分ごろ、荒川区東尾久の和菓子店の業務用冷蔵庫

から大学1年生の木津いぶきさんが死亡しているのが見つかり

ました。警視庁によりますと、木津さんは冷蔵庫の中で下を

向いて丸まった姿で発見され、首には圧迫されたような痕が

あったということです。6日夜、店を経営する父親から家族に

「娘を菓子店で切った死にたい」と電話があり、警察官が家族

とともに店を訪れ、遺体を発見しました。父親とはその後、

連絡がつかなくなっていて、警視庁は何らかの事情を知ってい

るとみて行方を捜しています。

 

出典:ANN

この報道が事実ならば、木津いぶきさん殺害の犯人は父親の可能性が極めて高いという事になりますね。

家族に犯行を自供しているわけですから。

今回の事件の状況をまとめると、

●被害者は18歳の女子大生・木津いぶきさん

●荒川区東尾久の和菓子店「菓匠木津屋」の業務用冷蔵庫内で遺体で発見

●遺体には首を絞められたような痕があった

●父親で和菓子店の経営者と連絡がとれなくなっている

●父親から「娘を和菓子店で切った。死にたい」と家族に電話あり

●店のシャッターには「しばらくお休み致します」と貼紙

となります。

状況証拠からすると、やはり父親の犯行の可能性が極めて高そうです。

また、父親は「死にたい」と語っているようなので、自ら命を絶ってしまうという可能性もありますね。

木津いぶき父親が犯人?

上記報道が事実だとすると、木津いぶきさんの事件は父親が犯人となります。

そして先ほど,(2019年7月7日11時ごろ)、木津いぶきさん父親が埼玉市内で見つかったそうです。

京都荒川区東尾久の和菓子店の冷蔵庫内で木津いぶきさん(18)の遺体が見つかった事件で、連絡が取れなくなっていた父親とみられる遺体がさいたま市内で見つかった。

 父親は「娘を切った」「川に沈んで死ぬ」などと告げたまま連絡が取れなくなっており、警視庁尾久署は父親が事情を知っているとみている。

木津いぶき父親の犯行動機は何?和菓子屋の経営難で借金苦?

木津いぶきさんの父親の犯行動機は一体何だったのでしょうか?

最愛の娘を殺害しなければならないほど、強い殺意があったということでしょうか?

和菓子店で殺害している事から考えると、いぶきさんは店舗の手伝い(アルバイト)等をしていて、ケンカになったという線が考えられます。

和菓子店を営んでいたという事なので経営難で借金苦に陥り娘を…という可能性もあるかなと思います。

ただそういった理由ならばなぜいぶきさんだけが…ともなってくるのでどうなのでしょうか。

父親といぶきさんの間に何か確執があったという事になるのでしょうか。

いずれにせよ今回は父親が亡くなってしまっているので、動機の解明はなかなか難しそうです。

木津いぶき父親の犯行動機に関する世間の声