山口真帆(まほほん)5月5日・6日最後の握手会レポ!隔離されてる?列の待ち時間は?

5月5日と5月6日の2日間、NGT48山口真帆さんの卒業前最後の握手会がパシフィコ横浜で行われています。

「隔離されている」「防犯カメラが設置されている」など物々しい雰囲気だったとの噂がありますが、実際にどんな握手会になったのでしょうか。

この記事では5月5日・6日の山口真帆さん最後の握手会のレポをご紹介していきます。

山口真帆(まほほん)5月5日・6日の最後の握手会レポ!隔離されてる?

山口真帆さんの握手会の様子ですが、山口真帆さんレーンは会場の一番隅でファンの待機列までパーテーションで仕切られるという隔離された状態で行われたようです。

男2人から暴行被害を受けた事件が1月に発覚してから、ファンと直接交流するのは初めて。

複数のファンによると、山口のレーンは会場の一番隅。普通はメンバーのみがパーテーションで周囲から見えないようにされるが、山口のレーンはファンの待機列までパーテーションで仕切られた。

らに、通常の倍以上となる警備員やスタッフ5、6人が山口を見守り、ファンからは「まるで隔離だ」と違和感を訴える声が上がった。一緒に卒業発表した菅原りこ(18)と長谷川玲奈(18)は他のメンバーと同じ対応で、異例の厳戒態勢が際立っていたという。

2019年5月6日毎日新聞引用

警備員が山口真帆さんの隣に1人、ファン側に1人とあともう数名が見守る超厳戒態勢です。

握手がなくお話のみという対応からも分かるように、山口真帆さんはまだ事件の傷が癒えていない可能性があります…。

そして何と、警備員に加えて監視カメラも設置される徹底ぶりだったとか。

これは山口真帆さんレーンだけでなく他NGTメンバーの列も同様だったそうで物々しい雰囲気が漂っていたそうです…。

山口真帆(まほほん)5月5日・6日の最後の握手会レポ!待ち時間は?

5月5日、山口真帆さんの握手レーンは長蛇の列になりました。

お昼過ぎには1時間程の待ち時間が出ていたみたいです。

事件の関係で今まで出られなかった握手会の振り替えを行ったことも要因かと思いますが…。

荻野由佳さんら他のメンバーの列は閑散としていたようですね。

先日のAKB春フェスの件でも分かるように今回の事件はNGTイベントの集客にモロに影響してしまっています…

■関連記事

山口真帆(まほほん)5月5日6日の最後の握手会レポ

山口真帆さん自身は笑顔で対応をされていたようで、ファンの方とも楽しくお話ができたようですよ!

今後も芸能活動を続けていく事、これまでのアイドル人生への感謝を直接ファンの方に伝えられたようです。

山口真帆さんと直接話すことが出来て泣き出してしまう方もたくさんいらっしゃったようです。

会場となるパシフィコ横浜内には山口真帆さんの卒業ブースが設置されており、山口さんへのメッセージを募っているそうですよ!

5月18日の卒業公演までにたくさんのメッセージが寄せられる予定です。

山口さんにはとても素敵なファンの方がたくさんいますね!

山口真帆(まほほん)5月5日6日の最後の握手会レポまとめ

5月5日、6日両日とも会場となるパシフィコ横浜にはたくさんのファンの方が駆けつけています。

ただ防犯カメラが設置されていたり、警備員が複数名待機していたりと事件の影響を感じずにはいられない雰囲気ですよね。

山口真帆さん最後の握手会、ファンの皆さんとの時間を楽しく過ごせるように祈っております!