宮迫闇営業ツイッター謝罪文スクショで自爆!文章は誰が考えた?炎上で再度引退説浮上

宮迫さん、やらかしてます。

闇営業と裏社会との繋がりが原因でカラテカ入江さんが解雇されたのは2019年6月6日。

その闇営業に宮迫さんが出席していたことで、宮迫さんがTwitterを通して謝罪文を掲載しました。

そのTwitter内容が物議をかもしているのです。

このTwitter文が”宮迫さんが考えたものではない”説が浮上しました。

この記事では

  • 宮迫闇営業ツイッター謝罪文をスクショした?
  • 宮迫がスクショした闇営業ツイッター謝罪文章は誰が考えた?
  • 宮迫炎上で再度引退説浮上?

    など宮迫さんの「謝罪文内容」に迫っていきます。



     


    宮迫闇営業ツイッター謝罪文をスクショした?

    宮迫さんが自身のTwitterに載せた謝罪文がこちらです。

    この内容が、「人が作った謝罪文章をスクショしたのではないか?」と言われています。

    その要因が2つあります。

    • 不自然なカギカッコ
    • ラインをスクショした画面と一致

    詳しく解説していきます。

    不自然なカギカッコ

    宮迫さんが掲載した謝罪文をよく見ると、文頭と文末に不自然なカギカッコがついています。

    自分の文章で語る時に、カギカッコなんてつけるのでしょか?

    普通はつけませんよね。

    ラインをスクショした画面と一致

    もう一つ、決定的な証拠があります。

    それがこちらです。

    ラインのメッセージ画面に出てくる吹き出しと背景の色が見事にうつってしまっています。

    自分で送るとこのようになりますよね。

    宮迫さんの謝罪文文章は吹き出しが左側から出ている且つ背景が白色なので、誰かから届いた文章をスクショしたという事になります。

    いや~、これはさすがにツメが甘すぎます!!



     

    宮迫がスクショした闇営業ツイッター謝罪文章は誰が考えた?

    宮迫さんがスクショした謝罪文は誰が考えたものなんでしょうか。

    おそらく、吉本興業事務所の社員でしょう。

    想定するに、事務所からこうやって掲載してくださいと送られてきたものを、コピーすることなくそのままスクショしてしまったのではないでしょうか。

    もしくは家族か吉本社員にチェックしてもらいたくて自分で作ったものをスクショして掲載したとか…?

    どちらにせよ、スクショだという事が判明した今、謝罪文の内容が本当なのかという事になってきますよね。

    宮迫さんは謝罪文の中で

    • 裏社会とのつながりがあることは一切知らなかった
    • ギャラはもらってない
    • 5年前の出来事なので覚えてない

    と弁明をしています。

    これがスクショだと分かった今、それが真実かさえも怪しくなってきます。

    「こうやって言っておけば」という意図が垣間見えてしまいますよね。

    残念すぎる…



     

    宮迫炎上で再度引退説浮上?

    宮迫さん、このスクショ騒動で再び大炎上しています。

    今回の騒動、宮迫さんは結果的にお咎めなしとなりました。

    でもそれは「闇社会とつながっている事を本当に知らなかった、関わっていない」という事実があるからです。

    ただ、今回のスクショの件で「本当に知らなかったのか?」という声が出てしまっているのが事実です。

    スクショ問題が勃発してしまった今、事務所も宮迫さんも再度対応を迫られそうです。

    もちろん宮迫さんが芸能界に必要な存在であることは間違いないです。

    ただ、これじゃぁカラテカ入江さんが逆にかわいそうになってきます。

    スクショの文章ではなく、ちゃんとご自身の言葉で説明をしていただきたいですよね。

    宮迫闇営業ツイッター謝罪文スクショの文章は誰が考えた?まとめ

    宮迫さんが謝罪文をスクショして掲載したことは間違いありません。

    恐らく謝罪文を考えたのは吉本興業の社員でしょう。

    信用問題に関わるという理由でカラテカ入江さんを解雇したならば、宮迫さんの件もうやむやにせずハッキリとした答えを出してほしいですよね。