TWICEサナが新元号令和投稿で大炎上した本当の理由は平成が天皇に誤変換?韓国人と日本人の意見は?

2019年4月30日、平成の最終日。

日本でも大人気のK-POPアイドルTWICEサナちゃんのInstagram投稿が大炎上してしまいました。

この記事ではサナちゃんの新元号投稿が大炎上してしまった本当の理由は平成が天皇に誤変換されたから?この事件での韓国人と日本人の意見の違いは?そしてTWICEカムバックへの影響は?

サナちゃんの炎上騒動をまとめました。

TWICEサナが新元号令和投稿で大炎上した本当の理由は平成が天皇に誤変換?

事の発端は、サナちゃんが2019年4月30日午前3時にTWICEのオフィシャルインスタグラムに投稿したこちらの内容です。

平成生まれとして、平成が終わるのはどことなくさみしいけど、平成お疲れ様でした!!! 令和という新しいスタートに向けて、平成最後の今日はスッキリした1日にしましょう! #平成ありがとう #令和よろしく #FANCYもよろしく❤️

サナちゃんはTWICEの日本人メンバーです。

私たちと同じように平成が終わる寂しさと新しく令和を迎えるに当たっての期待を何気なく投稿したのです。

結果、大炎上。

怒っているのはもちろん9.9割韓国人です。

こちらの投稿には100万件以上の批判コメントつく事態に…

サナちゃんの新元号令和を祝う投稿で炎上してしまった理由をまとめました。

  • 韓国グループのメンバーが日本天皇関連の投稿を公式インスタグラムに投稿した事
  • 公式アカウントに日本語で投稿した事
  • 戦犯国の1人ということを忘れているんじゃないかという事

これだけ見るとどうしてそんな解釈になった!?と思いますが、調べて行くうちに炎上に結びついてしまう本当の理由が見えてきました。

 

それが”翻訳機能によるもの”というところ。

外国のアーティストのSNSを見るとき、翻訳機能を使って翻訳をしますよね?私もよく使います。

今回、TWICEのファンもこの投稿を翻訳にかけたみたいなんです。

 

どうやらこの投稿を翻訳すると、平成という言葉が天皇に結びついた翻訳になってしまっているらしいんです。

つまりサナちゃんの投稿はこう翻訳されているとの事。

平成が終わるのはどことなくさみしいけど、平成お疲れ様でした!!!

→天皇退位のお知らせ、寂しいけど天皇お疲れ様でした!!!

韓国ではこう訳されているそうです。

軍国主義を思わせる投稿とみなされてしまった事が、こんなに大炎上してしまった本当の理由です。

サナ(TWICE)平成から新元号令和投稿で大炎上!韓国人の反応

本当に失望したというコメントが大多数を占めますが、中にはこんなことで罵声を浴びせまくるなんてひどすぎるというサナちゃんを擁護するコメントもみられました。

※全てTWICE公式Instagramから引用しています。

個人のアカウントでもないのに、チーム公式アカウントでこれも日本語でこんな内容を残す意図はなんなのか

元号が変わるのは日王(天皇)が変わることなのに、それを祝う?韓国国民の感情を無視することかな

3・1節と光復節には言及もないのに、日本の天皇退位の知らせを何故知らせているのか

日本人が自国の大きな変化に個人的な思いを語ったことだけなのに、度を過ぎた非難だ

日本人が歴史をにおわせる発言をすることに激しく嫌悪感を示す韓国人が多いのは、今も全く変わっていないということが分かりますね。

サナ(TWICE)平成から新元号令和投稿で大炎上!日本人の反応

日本人のファンはサナちゃんの何が悪いの?という意見が大多数です。

私ももちろん。

配慮が必要だったという韓国の方の意見も分からんでもないですが(本当は全く分からない)どうやって翻訳されるのかまでの配慮って必要なのでしょうか…

サナ(TWICE)の炎上でFANCYカムバ活動への影響は?

TWICEは今FANCYのカムバック活動中です!

この炎上で「サナちゃん元気に活動できるかな?」「FANCYのランキングへの影響は…?」と心配になりますよね。

2019年5月1日の”SHOW Champion”でTWICE見事1位に輝きましたよ~!

さすがTWICE、逆風にも負けずランキングに強いです!

ただ一方で今日のサナちゃんは元気がなかったとの情報も…。

そりゃそうだよね。つらい…。

 

サナちゃんにはメンバーもたくさんのファンも付いています!

早くまた元気なサナちゃんの姿がみたいですよね。

サナ(TWICE)が新元号令和投稿で大炎上まとめ

今回のサナちゃん炎上騒動、私の中では「またか…」という印象です。

歴史が絡むとこうも大問題になってしまう日本と韓国。

こんなに韓国でたくさんの日本人が活躍するようになっても、どうしても歩み寄れない部分ってあるんでしょうか。

とにかく今はサナちゃんが一刻も早く元気に活躍してくれることを祈るのみです。